放射線治療

本サイトに記載の情報は、治療前、治療中、治療後に期待すべきことなど放射線治療への備えとして役立つものです。また、副作用や、治療中にどのように対処したらいいのかについても学んでいきます。

放射線治療を始める前に、少なくとも1回はこのリソースを読み、放射線治療日に至るまでにあらゆる備えができるよう参照としてご利用ください。この情報はあなたと医療チームが参照できるように、シミュレーションの予約と放射線腫瘍医との今後のすべての予約時にご持参ください。

Back to top

放射線治療について

放射線治療では、高エネルギー光線を照射して癌を治療します。それは癌細胞を傷つけ、再生を阻害します。体は自然にこれらの傷つけられた癌細胞を取り払うことができます。放射線治療は正常な細胞にも影響します。但し、正常な細胞は癌細胞ができない方法で細胞を修復できます。

外部ビーム照射の間、治療装置は放射線のビームを直接腫瘍に向けます。ビームは体を通り、そのビームの道の癌細胞を破壊します。放射線を見たり、感じたりすることはありません。

放射線治療は時間がかかります。癌細胞が死滅し始めるまでの治療は数日から数週間かかり、放射線治療が終了してから数週間から数ヵ月は死滅し続けます。

放射線は手術や化学療法の前、その最中、またはその後に照射します。

 
Back to top

放射線治療チームとしてのあなたの役割

あなたにとって適切なケアを提供するために、力を合わせて働いてくれるヘルスケアプロバイダーのチームがいます。あなたはそのチームの一員であり、あなたの役割には次があります。

  • すべての放射線治療セッションに時間どおりに到着する
  • 質問をし、懸念があれば伝える。このリソースの最後には、考えられる質問のリストがありますので、ご参照ください。
  • 副作用がある場合は、放射線治療チームの誰かに知らせる
  • 痛みがあるときは、医者か看護師に伝える
  • ご自宅でのケア:
    • 喫煙者は禁煙をする 禁煙を希望する方は、Tobacco Treatment Program(タバコ治療プログラム)212-610-0507までお電話ください。
    • 放射線治療チームの指示に従って皮膚のケアをする
    • 医療チームの指示に従って水分を補給する
    • 放射線療法のチームの提案に従って食事をする
    • 体重を維持する
Back to top

シミュレーション

治療を始める前に、シミュレーションと呼ばれる治療計画手順が用意されています。これは、次の点を確認するために行われます。

  • 治療部位のマッピング
  • 適量の放射線照射
  • 周辺組織が受ける放射線量は可能な限り少ない

シミュレーションの間に、X線撮影が行われ、皮膚に小さなタトゥーの印をつけさせていただきます。これらのマーキングは治療をする部位を特定するためのものです。

シミュレーションには少なくとも 1 時間かかりますが、医師が計画した治療によってはそれ以上時間がかかる場合があります。

シミュレーションの準備

処理する部位によっては、シミュレーションの準備のために追加の指示に従う必要がある場合があります。これについては看護師が確認してくれます。

  • 腸管前処置


  • 食事療法の指示


  • 薬剤


特別な準備が不要な場合は、シミュレーションの日は通常と同じように、食べたり飲んだりすることができます。

シミュレーションの間は、1か所に長時間横になっていただきます。長時間動かずに横になるのは不快になると思われる方は、シミュレーションの前にアセトアミノフェン(Tylenol®)か通常の鎮痛剤を服用してください。治療の間に不安になるかもしれないと思われる方は、薬剤が有用かどうかについて医師に相談してください。

病院用のガウンに着替える必要があるかもしれないので、着脱がしやすい快適な衣服を身に着けましょう。宝飾品、パウダー、ローションは付けないでください。

皮膚からデバイスを外す

メーカーは、次のデバイスを皮膚に装着している方には外してからシミュレーションや治療を受けることを推奨しています。

  • 連続グルコースモニター(CGM)
  • インスリンポンプ

シミュレーションや治療を受ける前に、デバイスを外す必要があるかどうか放射線腫瘍医にたずねてください。シミュレーションや治療を受けてからデバイスを装着できるように、デバイスをもう一台用意してください。

デバイスを外しているときにどのように血糖値を管理するかについてわからない方は、予約前に糖尿病を管理する医療提供者にたずねてください。

シミュレーションの日

手続き

放射線治療チームのメンバーがチェックインをしてくれます。氏名のスペルや生年月日を述べるように何度も求められます。これはあなたの安全のためです。同じ名前か類似した名前の方があなたと同じ日に治療を受けるかもしれないからです。

放射線療法士が出迎えてくれます。技師が顔写真を撮ります。この写真は、治療中にあなたを特定するために使用されます。

その後、療法士がシミュレーションについて説明します。同意書にまだ署名していない場合は、放射線腫瘍医がすべての内容を確認し、署名を求めます。

シミュレーションの間

シミュレーションの前に、衣服を脱ぎ、病院用のガウンに着替える必要があるかもしれません。靴は履いたままにしてください。かつら、ターバン、帽子などのヘッドカバーを着用している場合は、それを取り外す必要があるかもしれません。療法士が、あなたがテーブルの上に横になり、快適さとプライバシーを確保するために最大の努力をしてくれます。

テーブルにはシートが敷かれていますが、硬くクッションはありません。鎮痛剤を服用しておらず、必要と思われる場合は、その旨をシミュレーションが始まる前に療法士に伝えてください。また、室温は通常より涼しいくらいです。不快に感じたら、いつでも療法士にその旨を伝えてください。

シミュレーションの間、テーブルがさまざまな位置に移動するのが感じられます。室内の照明がオン / オフに切り替わり、各壁に赤いレーザー光が照射されます。療法士は、これらのレーザーライトをあなたがテーブル上の適切な位置にいるときの指標として使用します。目に損傷を与える恐れがあるため、赤いビームを直接見ないでください。

療法士はシミュレーションの間、部屋から出たり入ったりしますが、あなたを見聞きできる誰かが常にいます。療法士との互いの会話を聞くことができ、療法士が何をしているのかを説明してくれます。一旦シミュレーションが始まったら、あなたの位置が変わるかもしれないので、動かないでください。但し、不快感があったり助けが必要なときは、療法士にその旨を伝えてください。

時間の経過に役立つように、療法士は音楽を再生することができます。ご希望であれば、ご自宅からCDを持参することも可能です。

位置決め

治療する体の部位によって、うつ伏せになったり仰向けになったりします。両腕を頭の上に上げたり、両脇に置いたりするかもしれません。

あなたが同じ位置にいられるように、体の型を作る必要があるかもしれません。型作りの所要時間は15分ほどで、シミュレーションの間に行われます。型を要する方は、シミュレーションや毎回の治療の間にその上に横になっていただきます。こうすることで、あなたが確実に正しい位置でいられるようになります。

X線画像

必要な位置に横になっている間、治療部位のX線撮影がされます。この撮影は、シミュレーターと呼ばれるX線機器または、コンピューター断層撮影(CT)CTスキャン機の上で行われます。これらのスキャン機は治療をマップするためだけに使用されます。診断や腫瘍を見つけるためには使用されません。他の画像が必要な場合は、看護師がこれについて説明してくれます。

図1 コンピューター断層撮影(CT)CTスキャン機

図1 コンピューター断層撮影(CT)CTスキャン機

X線撮影の所要時間は45分ほどです。スキャンの間、機械の電源がオンになったりオフになったりする音が聞こえます。この音がうるさいように思われるかもしれませんが、療法士はあなたの声が聞こえますのでご安心ください。

皮膚のマーキング(タトゥー)

療法士は治療する部位の皮膚にフェルトペンで印をつけます。タトゥーと呼ばれる皮膚への永久的なマーキングが必要かもしれません。療法士は消毒針と1滴のインクを使ってタトゥーを作ります。針で刺さされるような感覚です。タトゥーのマーキングはピンヘッドよりも大きくありません。フェルトペンのマーキングはシミュレーションの後に洗い流すことができます。タトゥーは永久的なもので、洗い流せません。 放射線治療の一環としてタトゥーを入れることが気になる方は、医師に相談してください。

タトゥーを入れ終えたら、療法士はシミュレーションの位置にいるあなたの写真を数枚撮ります。この写真とタトゥーのマーキングは治療の日に毎回、あなたがテーブル上の正しい位置にいることを確認するために使用されます。

Back to top

シミュレーションの後

シミュレーションの終わりには、セットアップ手順の予約をしていただきます。これは治療が始まる前の最後の予約です。

治療のスケジュール

放射線治療は月曜日から金曜日まで行われますが、一部の人の治療は1日だけ行われ、他の人の治療は数週間にわたって行われます。あなたの治療期間は ______ 日/週間です。

治療が予定されている日は、必ずすべての日に来院してください。予約を逃してしまうと、治療は予定よりも効果的ではないかもしれません。予期せぬ事態で時間がさらに必要な場合は、放射線腫瘍医がお知らせします。何らかの理由で治療を受けるために来院できない場合は、チームに知らせるために放射線腫瘍医のオフィスに連絡してください。何らかの理由で予定を変更する必要がある場合は、放射線療法士に相談してください。

治療計画

シミュレーションと治療の始まりまでの間、放射線腫瘍医は治療の計画を立てるためにチームと協力していきます。シミュレーションのX線とCTスキャンを使って放射線ビームのアングルや形を計画します。詳細は慎重に計画され、確認されます。これは5日間から2週間かかります。

ビタミン剤と栄養補助食品

多くの方々から治療期間中のビタミン剤摂取についての質問をよく受けます。ご希望であれば、マルチビタミン剤を摂ることができます。ビタミン剤は何であれ、1日の推奨摂取量を上回らないようにしてください。医師の許可なく、他のビタミン剤やいかなる栄養補助食品も摂取しないでください。これには栄養剤補助食品やハーブ系サプリメントの両方が含まれます。

Back to top

セットアップ手続き

最初の治療が始まる前に、セットアップ手続きの計画が立てられます。これはおよそ1時間ほどで終わります。鎮痛剤がシミュレーションの間に有用であれば、この手続きの前に服用するのもいいでしょう。

セットアップ手続きに来院されますと、更衣室に案内され、病院用のガウンに着替えるように指示があります。療法士が、毎回治療を受ける治療室に案内してくれます。治療テーブルの上に横になるように指示があります。シミュレーションの日と同じように正確な位置に横になります。

ビーム膜と呼ばれる特別なX線撮影によって、治療を受ける位置と部位に間違いがないようにします。ビーム膜は治療の間、繰り返し行われます。これらは、腫瘍がどのように治療に反応しているかを見るために使用されるのではありません。

治療計画によって、セットアップ手続きと同じ日に治療を始めたり、1日か2日後に始めることができます。

Back to top

治療中

受付でチェックインを済ませたら、待合室でお待ちください。放射線療法士の準備が整ったら、病院用のガウンに着替えるよう指示があります。靴は治療の間中、履いたままにしてください。

放射線療法士が治療室まで案内し、テーブルの上に横になれるようにお手伝いします(図2参照)。セットアップ手続きの間に横になったように、まったく同じように横になります。

図2 治療

図2 治療中

あなたが正しい位置についたら、療法士は部屋を離れ、ドアを閉め、治療を始めます。放射線を見たり感じたりできませんが、機械が移動したり電源がオン・オフになったりする音が聞こえます。治療計画によって異なりますが、治療室には15~45分ほどいることになります。この時間の大部分はあなたを正しい位置に保つための時間です。実際の治療時間はほんの数分です。

治療の間、あなたは部屋にひとりですが、療法士は常時、モニターであなたを見ることができ、インターホンで聞くことができます。放射線療法士は、あなたが治療中にゆったりできるようにしてくれます。治療の間は普通に息ができますが、動かないでください。ただし、不快感があったり助けが必要なときは、療法士に伝えてください。必要であれば、いつでも機械の電源をオフにして、あなたの確認ができます。

あなたも衣服も治療中や治療後に放射能になりません。あなたは他の人たちと一緒にいても安全です。

治療中定期相談(毎週)

放射線腫瘍医や放射線看護師は定期治療の際に、懸念事項や副作用がないかを尋ねたり質問にお答えします。この相談は次に記載の治療前後に行われます: ________________. これらの日は予約のほかに、追加で1時間いられるように予定してください。

定期治療の間、放射線腫瘍医か放射線看護師に相談する必要がある場合は、治療のために来院した際に、補助スタッフか療法士に伝えてください。

Back to top

副作用

人によっては放射線治療から副作用を発症することがあります。どのような副作用か、あるいは副作用の重症度は治療部位や放射線量、治療回数、全体的な健康状態など多数の要因によって異なります。化学療法も受けているときは副作用が、悪化する可能性があります。以下は放射線治療による最も一般的な副作用です。あなたはこれらすべて、または一部が発症するかもしれませんし、あるいはいずれも発症しないかもしれません。

皮膚と毛髪の反応

放射線治療の間、治療を受けている部位とその近辺の皮膚と毛髪が変わるかもしれませんが、これは正常です。2~3週間後に皮膚がピンク色になったり日焼けした色になったりするかもしれません。後日、明るい赤や真っ黒に日焼けした色になるかもしれません。

皮膚は乾燥しかゆみを伴い、治療中はパサパサに見えるかもしれません。皮膚の敏感な部分は水疱ができ、それが開き、皮が剥けるかもしれません。このような場合は、医師か看護師に伝えてください。

また、特に以前、日光への露出があった部位の発疹もあるかもしれません。これは治療の副作用かもしれませんが、発疹は感染の兆候かもしれません。治療中に発疹が発症したら、医師か看護師に伝えてください。

看護師が特別な包帯か軟膏を塗ったり、皮膚のお手入れの仕方を教えてくれるでしょう。医師は皮膚が回復するまで治療を停止するかもしれません。この皮膚の反応は治療が終わった週に、さらにひどくなります。このようなことが起きたら、医師か看護師に電話してください。皮膚は治療が完了した後に徐々に回復していきますが、3~4週間かかることがよくあります。

治療を受けた部位の一部または全部の毛を失う可能性があります。毛は通常、治療が完了してから3~6か月後に生えてきます。

以下は、治療中のお肌のお手入れに役立つガイドラインです。皮膚が回復するまでこれらのガイドラインに従ってください。これらのガイドラインは放射線の治療を受けている部位の皮膚のみに関してです。

皮膚を清潔にする

  • 温水と、Neutrogena®、Dove®、ベビーせっけん、Basis®あるいはCetaphil®などの無香料の刺激の少ない石けんを使って、毎日入浴したりシャワーを浴びたりしましょう。皮膚をよく洗い流し、柔らかいタオルでたたくようにして乾かしましょう。
  • 体を洗うときは、治療を受けている部位の皮膚を優しく扱います。洗面タオルやブラシは使わないでください。
  • 治療前に行ったタトゥーのマーキングは、永久的なもので洗い流されません。治療部位の輪郭などをフェルトペンで描くなど、治療中に他のマーキングが行われる場合があります。これらのマーキングは、療法士から許可がでたら、鉱物油で消すことができます。
  • 治療部位の皮膚にはアルコールやアルコールパッドを使用しないでください。

頻繁にお肌の保湿をする

  • 治療を始めるときには、お肌の保湿剤を使い始めてください。こうすることで皮膚反応を最小限に抑えます。市販の保湿剤を使用できます。保湿剤を選ぶときは、香料やラノリンが入っていない物を選んでください。使用しても良い製品はたくさんありますが、看護師があなたに合う物を提案してくれるかもしれません。看護師から複数の物を使用するように指示を受けた場合を除き、1度に一つの製品のみを使用してください。
  • 保湿剤を使用する場合は、1日に2度塗ってください。

治療部位の皮膚の刺激を避ける

  • 治療部位にはゆったりした綿布の衣服を着用しましょう。皮膚をこすりつけてしまうぴったりした衣服は避けましょう。
  • 医師か看護師によって推奨された保湿剤、クリーム、ローションのみを使用しましょう。
  • 治療部位には化粧、香水、パウダー、またはアフターシェーブを使用しないでください。
  • 皮膚が開いたり、ひびが入っていたり、炎症を起こしているときはデオドラントを使用しないでください。デオドラントは治療を受けた部位の傷のない皮膚に使用しましょう。皮膚の炎症があるときは、使用を止めましょう。
  • 皮膚がかゆくてもかかないでください。代わりに、保湿剤を塗りましょう。看護師に痒みを和らげるための推奨事項をたずねましょう。
  • 治療部位のひげそりは避けましょう。ひげそりをしなければならないときは、電気カミソリのみを使用してください。皮膚の炎症が生じたときは使用を停止してください。
  • 治療を受けた皮膚にテープを貼らないでください。
  • 治療を受けた皮膚が極端な高温や低温に接触しないようにしてください。これには温水浴槽、水筒、温熱パッド、アイスパックなどが含まれます。
  • 治療中に皮膚反応がなければ、塩素消毒されたプールで泳ぐことができますが、プールから上がった直後に、必ず塩素を洗い流してください。
  • 治療中やその後の生涯、皮膚の日焼けややけどを避けてください。太陽の光を浴びるときは、SPF30以上でPABAフリーの日焼け止めを塗ってください。また、できるだけ体を覆うゆったりとした衣服を着用しましょう。

倦怠感

倦怠感は疲労や衰弱を感じることで、何もしたくなく、集中ができなくて、何事にもペースが落ちる感覚です。治療の2~3週間後に倦怠感が生じ、軽度から重度まで及ぶ可能性があります。倦怠感は治療が終わってから6週間から12か月継続する場合があります。

治療中に倦怠感が生じる理由としては、次を含む多数あります。

  • 体への放射線の影響
  • 治療先までの往復
  • 夜ぐっすり眠ることができない
  • 十分なタンパク質やカロリーを摂取していない
  • 痛みやその他の症状がある
  • 抑うつや不安を感じる
  • 特定の薬剤

1日のある時間帯に倦怠感が増す場合があります。以下は、倦怠感を和らげるのに役立つ提案です。

倦怠感を和らげる方法

  • 働いていて体調が良ければ、そのまま続けましょう。ただし、労働時間を減らすとエネルギーの増加に役立つかもしれません。
  • 日常的な活動を計画しましょう。あなたにとって必要でかつ最も重要なものを選び、エネルギーが高いときにそれらを行いましょう。たとえば、仕事には行くが家事はしない、子どものスポーツイベントは見るが外食には行かないなどです。
  • 特に倦怠感がひどいときなど、日中の休息や短時間の昼寝(10~15分)の時間を取りましょう。昼寝をするときは、1度の昼寝を1時間以内に収めるようにしましょう。
  • 毎晩、8時間以上の睡眠をとるようにしましょう。これは、あなたが放射線治療を始める前に必要な睡眠時間以上かもしれません。また、就寝時間を早めにして、朝遅く起きるのが有用に感じられるかもしれません。夜をぐっすり眠れるようにするひとつの方法は、日中の活動を活発にすることです。たとえば、運動ができれば、散歩に出たりヨガをしたりサイクリングに出たりしましょう。夜ぐっすり眠れるようにするもうひとつの方法は、就寝前にリラックスすることです。読書をしたり、ジグソーパズルをしたり、音楽を聞いたり、趣味で心を落ち着かせたりしましょう。
  • 買い物や食事作り、掃除などは家族や友人の助けを求めましょう。保険が在宅介護サービスを負担するかどうか確認しましょう。
  • 人によっては、運動をするとエネルギーが増す人がいます。ウォーキングやストレッチ、ヨガなどの軽い運動ができるかどうか医師にたずねましょう。
  • タンパク質やカロリーが高い食物を取りましょう。看護師にリソース癌治療中にきちんと食事を取るについて尋ねましょう。
  • 痛み、吐き気、下痢、不眠症、抑うつ、不安など他の症状は倦怠感を増します。その他症状がある場合は、医師か看護師に相談してください。

その他の副作用

人によっては他の副作用を経験する場合があります。放射線腫瘍医や看護師がこれらについて説明してくれます。




性と生殖に関する健康

放射線腫瘍医が他の指示を出さない限り、放射線治療中でも性的に活発でいられます。放射能を帯びたり、放射線を他の人にうつしたりすることはありません。妊娠できる人と性的に活発な方は、治療中の妊娠を防ぐためにバースコントロール(避妊)を使用することが重要です。

癌や治療がどのように性生活に影響するか、心配されているかもしれません。医療提供者と性的健康について話すのは難しいかもしれませんが、重要な会話です。あなたが質問や心配事を言い出さなければ、性的健康について話し合えません。心地悪い話題かもしれませんが、癌治療を受けるほとんどの患者さんが同様の疑問を抱えていることを忘れないでください。私たちはケアを受けるすべての患者さんが歓迎されていると感じられるよう最善を尽くしております。

MSKには、性的健康に影響する癌や癌治療に対処するための性的健康プログラムもあります。当院の専門家たちは患者さんが治療の前、治療中、治療の後に、性的健康に対処するお手伝いができます。

癌治療中の性的健康に関する詳細は、リソースHair Loss and Your Cancer Treatmentをお読みください。また、オンラインで検索するか、あるいは医療提供者にコピーを依頼してください。アメリカがん協会では、Sex and the Adult Male with Cancer(性と癌の成人男性患者)およびSex and the Adult Female with Cancer(性と癌の成人女性患者)という題名の癌治療中の性的健康問題についての資料も用意しております。www.cancer.orgで検索するか800-227-2345に連絡してコピーを求めてください。

 

情緒的健康

癌の診断と治療は非常にストレスが多く、抗し難いものです。次の感情を抱くかもしれません。

  • 不安
  • 恐れ
  • 孤独
  • 相反する感情
  • 憤り
  • 悲観
  • 自分ではどうすることもできない
  • 失望
  • 神経質
  • 無感覚
  • 当惑

あなたや愛する方が重い病気にかかっているとき、こうした感情はすべて予測されるものです。雇用主に癌が発症したことを告げることや、医療費の支払いも心配されているかもしれません。また、家族関係がどのように変わるか、癌治療がどのように体に影響するか、そして性的魅力を持ち続けられるかについても心配されているかもしれません。癌の再発を心配されているかもしれません。このようなことを心配されるのはすべて正常で、当然です。私どもは皆様を支援する用意があります。

感情に対処する方法

人と話す。 感情を隠してお互いに守ろうとするとき、孤独感を感じるものです。あなたが何を考えてるか周りの人々に話すことで楽になることがあります。配偶者、パートナー、親友、家族、牧師、看護師、ソーシャルワーカー、あるいは心理学者など信頼できる人にご自身の感情を話すと役立つかもしれません。

放射線治療を受けている人や、同様の治療を経験した人と話すことも役立つかもしれません。Patient and Caregiver Support Program(患者さんと介護者のための支援プログラム)も役立つでしょう。このプログラムについての詳細は、212-639-5007にお電話ください。

支援グループに参加する。 他のがん患者さんと会うことで、ご自身の感情を話す機会や他者から学ぶ機会が与えられます。他の人々がどのように癌に対処しているかや、あなただけではないことを学ぶことができます。

私どもはすべての診断や、癌と戦っているすべての患者さんは同じではないことを認識しております。診断や独自性で類似している人々のサポートグループを提供しています。乳癌の患者さんや、LGBTQ+の患者さん向けなどのサポートグループに参加することもできます。TMSKのサポートグループに関する詳細は、www.mskcc.org/vpにアクセスするか、あるいは放射線腫瘍医、放射線看護師、ソーシャルワーカーにお問い合わせください。

リラクセーションと瞑想をする。 呼吸に注意を払いながら、あるいは心地よい音楽やサウンドを聞きながら、ゆっくり呼吸をしてお気に入りの場所にいる様子を思い描くのも良いでしょう。人によっては祈りは別の形態の瞑想になります。このような活動をすることが、リラックスし心を落ち着かせるのに役立ちます。www.mskcc.org/integrative-medicineにアクセスし、Integrative Medicine(統合医療)プロバイダーが主導する誘導瞑想を探してください。

運動をする。 多くの人々が、ウォーキング、サイクリング、ヨガ、あるいは水中エアロビクスのような軽い活動が気分の改善に役立つと述べています。あなたができるタイプの運動について医療提供者に相談してください。

私たちは皆、困難な事態に対処するとき、自分なりのやり方でやります。一般的に、過去にうまくいった方法を使いますが、それが十分でないときもあります。医師、看護師、ソーシャルワーカーにあなたの心配事を伝えることをお勧めします。

Back to top

治療の後

放射線腫瘍医との経過観察の予約を必ず取るようにしてください。担当医が治療への反応を評価します。この経過観察で、血液検査、X線、スキャンが行われます。来院する前に、質問や心配事をメモに取りましょう。このメモと薬剤リストをご持参ください。治療を完了した後、あるいは経過観察の予約の間などいつでも、質問や心配事があるときは医師や看護師に連絡してください。

 
Back to top

連絡先

If you have any questions or concerns, talk with a member of your radiation therapy team. You can reach them Monday through Friday from 9:00 am to 5:00 pm at the numbers listed below.

Radiation oncologist: _____________________
Phone number: _________________________

Radiation nurse: ________________________
Phone number: _________________________

After 5:00 pm, during the weekend, and on holidays, call 212-639-2000. Ask for the radiation oncologist on call.

If you have any questions or concerns, talk with a member of your radiation therapy team. You can reach them Monday through Friday from 9:00 am to 5:00 pm. After 5:00 pm, during the weekend, and on holidays, call 212-639-2000. Ask for the radiation oncologist on call.
Back to top

サポートサービス

このようなほとんどのサポートサービスをインターネットで見つけることができます。コンピュータをお持ちでない場合やインターネットの使い方が分からない場合は、お近くの公立図書館かコミュニティセンターを確認してください。

MSKサポートサービス

カウンセリングセンター
646-888-0200
多くの方々がカウンセリングは役に立つと述べています。私どもは個人、カップル、家族、およびグループ向けのカウンセリングのほか、不安やうつがある場合に役立つ薬剤を提供しています。ご予約の際は、医療提供者に紹介を求めるか、あるいは上記の番号にお電話ください。

Integrative Medicine Service(統合医療サービス)
646-888-0800
MSKの当統合医療サービスは音楽療法、心身療法、ダンス/ムーブメント療法、ヨガ、タッチ療法などの従来の医療を補う(伴う)多数のサービスを提供しています。

栄養サービス
212-639-7312
MSKの栄養サービスでは管理栄養士による栄養に関するカウンセリングを提供しています。栄養士は現在の食習慣を検討し、治療中や治療後に何を食べたらいいのかアドバイスを与えてくれます。

Patient and Caregiver Peer Support Program(患者さんと介護者仲間のための支援プログラム)
212-639-5007 同様の治療を経験している誰かと話すことが励みになることがあります。Patient and Caregiver Peer Support Program(患者さんと介護者仲間のための支援プログラム)を通して昔のMSK患者さんや介護者と話すことができます。このような会話内容は機密です。これは対面か電話で行われます。

Resources for Life After Cancer(癌克服後の人生へのリソース、RLAC) プログラム
646-888-8106
MSKでのケアは、積極的な治療の後にも続きます。RLACプログラムは治療を終えた患者さんとその家族のためのものです。このプログラムにはセミナー、ワークショップ、支援グループ、治療後の生活についてのカウンセリング、保険や雇用問題のヘルプなど多数のサービスがあります。

Tobacco Treatment Program(タバコ治療プログラム)
212-610-0507
禁煙を希望する方には、MSKの専門家がお手伝いします。詳細については、お電話ください。

Virtual Programs(仮想プログラム)
www.mskcc.org/vp
MSKのVirtual Programs(仮想プログラム)は直接 MSKに出向くことができないときでも、患者さんや介護者を対象に、教育やサポートをオンラインで提供しています。診断について、治療中に何が予想されるか、各ステージの癌治療にどのように備えるかについて、ライブの対話型セッションを通して学ぶことができます。セッション内容は機密で、専門の臨床スタッフが無料で主導しています。Virtual Programs(仮想プログラム)への参加にご興味がある方は、当ウェブサイトwww.mskcc.org/vpにアクセスしてください

 

放射線治療サポートサービス

American Society for Therapeutic Radiology and Oncology(米国放射線腫瘍学会)
www.rtanswers.org
800-962-7876
放射線治療を受ける患者さんの治療を専門とする放射線腫瘍従事者の団体。放射線による癌治療の詳細や、お住いの地域の放射線腫瘍医の連絡先を提供します。

外部のサポートサービス

癌の治療前、治療中、治療後にご利用いただけるその他サポートサービスは多数あります。サービスによってはサポートグループや情報を提供したり、あるいは交通費、宿泊費、治療費を支援したりします。

このようなサポートサービスのリストについては、www.mskcc.org/pe/external_support_servicesにアクセスしてください。MSKソーシャルワーカーへの連絡は、212-639-7020までお電話ください。

 
Back to top

Questions to Ask Your Healthcare Provider

Before your appointment, it’s helpful to write down the questions you want to ask your healthcare provider. Examples of questions you can ask are listed below. Write down the answers during your appointment so you can review them later.

What kind of radiation therapy will I get?



How many radiation treatments will I get?



What side effects should I expect during my radiation therapy?



Will these side effects go away after I finish my radiation therapy?



What kind of late side effects should I expect after my radiation therapy?



Back to top

Last Updated